未分類

即時償却か税額控除か

■即時償却

翌期以降計上する費用を当期に計上することで、"当期の"納税額を抑える

単発の大きな収益の時は選択すべき?

早く効果を得たい場合

 

メリ:当期の手許キャッシュを残せる

翌期まで決算対策を考える時間ができる

最高10年繰越可能

※そもそも繰欠が続く会社は設備投資をしないと思われるが

 

デメ:課税の繰り延べのため、翌期以降の利益額によっては、通算で見たときに税額控除より不利になるケースあり

設備投資がうまくいった(売上↑orコスト↓)場合、税額的には効果を最大化できない?

 

■税額控除

税額を減免して、確実に納税額を抑える

毎期安定して利益を残せる場合は選択すべき?

確実に効果を得たい場合

 

メリ:確実に税額を低減できる

デメ:比較的効果は小さい

 

■設例

投資額1,000・2年償却、利益額1,000固定、税率30%の税額の比較

当期    翌期    合計

即 →     0    3,000     3,000

税 →    500     1,500     2,000

☞税額控除の方が2期通算では納税額は少ない

☞1期目に手残りを大きくできるのは即時償却

-未分類

Copyright© 会計事務所職員の備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.